←トップ頁へ

検索名 ヒナソウ(雛草)  
和名 トキワナズナ
漢字表記 常磐薺
別名・異名 ヒナソウ(雛草)
古名
語源 和名については、不詳。恐らくナズナのようにとても小さな草であるためか。或いは、花弁が4枚のため、ナズナに似ていることからか。別名のヒナソウ(雛草)は、丁度ひな祭りの頃に開花することからか。/属名はイギリスの植物学者William Houstonへの献名。/種小名は「青色がかった」の意。
学名 Houstonia caerulea※
英名 Creeping Bluets/azure bluet  東京大学付属日光植物園にて 
仏名 Houstonie
独名 Porzellansternchen
伊語
西名
葡語
漢名 藍花耳草
植物分類 アカネ科トキワナズナ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え(グランドカバー)/鉢植え
原産地 アメリカ(ジョージア州・ミズーリ州)
花言葉 一生懸命
解説 トキワナズナは、アカネ科の多年草である。匍匐性のため、地下茎が走り繁殖し群落のような様相を見せる。葉は、とても小さく目立たない。花茎は10~15㎝程度で。茎頂にアブラナ科の植物のように4弁の花を見せる。花色は、淡い水色で、中心部分は黄色みを帯びる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※トキワナズナの名を持つ存在が別にあるので、混同しやすい。それはIberis sempervirensである。園芸書によっては、写真と学名とが一致していないケースも見られるので、注意を要する。