←トップ頁へ

和名 ヒナキキョウソウ
漢字表記 雛桔梗草
別名・異名 ヒナダンダンキキョウ(雛段々桔梗)
古名
語源 和名は、小形種のキキョウソウの意から。/属名は、ギリシャ語のtreis(=三)とodons(=歯)の合成語から。/種小名は「二花の」の意。
学名 Triodanis biflora(=Specularia biflora)
英名 Small Venus's looking glass
仏名
独名
伊名     撮影者:東京都 山口米子様
西名 撮影地:皇居・東御苑  
葡名
漢名 卵葉異檐花
植物分類 キキョウ科キキョウソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 野草
原産地 北米
花言葉 優しい愛
解説 ヒナキキョウソウは、キキョウ科の一年草である。同属のキキョウソウと等しく北米原産の帰化植物である。キキョウソウに比して全体的に痩せていて細く、草丈は20~40㎝程度である。歯は卵形で、基部は円形で、茎を抱かない。本種の場合、封鎖花が多く、通常に花冠が開いた状態となるのは、茎頂近くだけとなる。花は、径5㎜程度で、花色は紫色である。開花期は春~夏。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考