←トップ頁へ

和名 ヒナギキョウ※備考欄参照
漢字表記 雛桔梗
別名・異名
古名
語源 和名は、英名の音読みから。/属名は、19世紀スウェーデンの植物学教授だったGeorg Goran Wahlenbergへの献名/種小名は「(南アフリカ)ケープ地方の」の意。
学名 Wahlenbergia marginata
英名 Soputhern rockbell
仏名
独名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
伊名 撮影地:熊本県玉名市
西名
葡名
漢名 藍花参
植物分類 キキョウ科ヒナギキョウ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/製油(アロマセラピー)
原産地 日本(本州:関東以西・四国・九州・沖縄)・台湾・朝鮮半島・中国・東南アジア・オーストラリア
花言葉
解説 ヒナギキョウはキキョウ科の多年草である。概して日当たりの良い路傍や堤防等に自生の見られる野草である。草丈は20~40㎝程度となる。茎は細く、まばらに分枝する。葉は長さ2~4㎝程度の篦形~倒披針形で、縁部は白色で波状の鋸歯を持つ。5~8月頃、枝先に青紫色の花をつける。花冠は長さ5~6㎜程度の漏斗状鐘形で、5裂する。花後には長さ6~8㎜程度の朔果をつける。
履歴 本種は、北米やハワイでは帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※似た名前でヒナキキョウソウが存在するがキキョウソウ属に属し、本種とは別の植物である。