←トップ頁へ

検索名  ヒモサボテン(紐仙人掌)   
和名 キンヒモ
漢字表記 金紐
別名・異名 ヒモサボテン(紐仙人掌)、ディソカクツス・フラゲリフォルミス、アポロカクタス・フラゲルフォルミス)
古名
語源 和名は、植物体を覆う刺の色が黄色くて、形状が紐状であることから。/属名は、ギリシャ語のdis(=2回、2度)とisos(=等しい)とcactus(=サボテン)の合成語からで、萼片と花弁の数が同数であるkと尾を示している。/種小名は「鞭のような形状の」の意。。
学名 Disocactus flagelliformis(=Aporocactus flagelliformis)
英名 Rat-tail cactus,Rattail cactus
仏名 Cactier queue de souris,
Cierge serpent
独名 Petitschenkaktus
伊名 Cactus a coda di topo
西名 Flor de látigo,Floricuerno,J
unco,Junquillo,Nopalillo
葡名 Cato rabo de rato,
Tambem chamdo de AporocactuS
漢名 鼠尾掌、細柱孔雀
植物分類 サボテン科ディソカクツス属(←アポロカクタス属)
園芸分類 多年性草本
用途 吊り鉢植え/路地植え
原産地  メキシコ  撮影者:東京都 中村利治様 
花言葉 寛容
解説 キンヒモはサボテン科の多年草である。メキシコ高地の森林地帯に自生するサボテンである。茎は名前の通り丸い紐状で直径は1㎝程度で,長さ1m程度となる。茎は匍匐し、途中でよく分枝をする。茎は金色にも見える短い刺で覆われている。長い花筒をアーチ状に伸ばし、その先に桃紫色で、径5㎝程度の花をつける。本種は、非常に多花性である。雄蘂も雌蘂も花冠より突き出す。本種はクジャクサボテンの園芸品種作成親として用いられて来ている。
履歴 本種の我が国での栽培の歴史は古く、既に慶応年間(1865~68)には栽培されていたという。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考