←トップ頁へ

和名jp ヒメザゼンソウ
東京大学付属日光植物園にて
漢字表記 姫座禅草
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、小型のザゼンソウの意。/属名はギリシャ語のsymploce(=結合)とcarpos(=果実)による造語。子房が集合した果実に合着しているため。
学名sn Symplocarpus nipponicus Makino
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 サトイモ科ザゼンソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/池植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(東北~中国地方の日本海側)
花言葉
解説
description
ヒメザゼンソウは、サトイモ科の多年草である。ザゼンソウとの相違点は、葉が枯れ始める頃に開花し、翌年の夏から秋に果実が成熟する点である。(※ザゼンソウの場合、開花した年に果実が熟す。)
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考