←トップ頁へ

和名 ヒメユリ 現在写真がありません。
お持ちの方は、是非ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
漢字表記 姫百合
別名・異名 ヒユリ/カラユリ
古名
語源 和名は、花が小さく可憐なことから。/属名は、ギリシャ語のleirionを転用したラテン古名で、白色を意味し、「マドンナ・リリー」の白花に因んでいるという。/種小名は、「同色の」の意。
学名 Lilium concolor Salisb. var. buschianum Baker
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 渥丹
植物分類 ユリ科ユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 日本(本州・四国・九州)/中国/朝鮮半島/アムール地方
花言葉 可憐な愛情、誇り
解説 ヒメユリは、ユリ科の多年草である。草丈は、30~80㎝程度。葉は広線形で、長さ5㎝前後、互生する。5~7月頃に茎頂に濃赤色の花を見せる。花被片は6枚で、上向きに開花する。内面には、紫黒色の細点がある。
履歴
県花・国花 熊本県:高森町花
古典1 『万葉集』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考