←トップ頁へ

和名jp ヒメヨツバムグラ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:神代植物公園植物多様センター
漢字表記 姫四葉葎
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、幾重にも生い茂るムグラ(=雑草)の意から。
属名は、ギリシャ語のgala(=乳)を語源としている。この属のカワラマツバを昔は牛乳を凝固させてチーズをつくる際に用いたことによるという。
種小名は、「か細い」の意。
学名sn galium gracilens
英名sn
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 細四葉葎
植物分類 アカネ科ヤエムグラ属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
日本(本州~九州)/台湾/朝鮮半島/中国
花言葉 抵抗
解説
description
ヒメヨツバムグラはアカネ科の多年草である。本種は、概して日当たりの良い丘陵地帯や土手等に自生の見られる野草である。茎は細く4稜を持ち、下部で分枝をし斜上して立ち上がり、草丈は20~40㎝程度となる。葉は、長さ0.4~1.2㎝、幅2㎜程度の狭披針形~長楕円形で、茎に4輪生する。葉の縁部は全縁、先端部は尖る。5~6月頃、茎頂或いは茎上部の葉腋からか細い花序を出し、径1.2㎜程度で淡緑色の花を疎らに付ける。花冠は4裂する。花後には長さ1㎜弱の楕円形で、表面に鱗片状の小突起を持った果実をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考