←トップ頁へ

和名 ヒメヤブラン
漢字表記 姫藪蘭
別名・異名
古名
語源 和名は、小型のヤブランの意。/属名はギリシャ神話に登場するニンフのリリオペの名に因んでいる。/種小名は「より小さい」の意。
学名 Liriope minor
英名
仏名
独名 栃木県壬生町にて
伊名
西名
葡名
漢名 矮小山麦冬
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ヤブラン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(庭園下草・グランドカヴァー)
原産地 日本/朝鮮半島/中国/フィリピン
花言葉
解説 ヒメヤブランはキジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。概して日当たりの良い山野に時勢が見られる野草である。葉は線形で、長さ10~20㎝、幅1.5~2㎜程度。6~8月頃、花茎の先端に淡紫色の6弁花をつける。果実は紫黒色に熟す。ヤブランと似ているが、本種の場合、花数がとても少ない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考