←トップ頁へ

和名 ヒメウズ
漢字表記 姫烏頭
別名・異名
古名
語源 和名は、ウズ(トリカブト)に似ているが花も葉も小型のため。/属名は、「オダマキ属に近いが別属である」の意。/種小名は「レンプクソウ属に似た」の意。
学名 Semiaquilegia adoxoides 
英名
仏名
独名
伊名 撮影:東京都 中村利治様
西名 水元公園にて→
葡名
漢名 天葵
植物分類 キンポウゲ科ヒメウズ属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用(根)
原産地 日本(関東以西)/朝鮮半島/中国
花言葉 不変
解説 ヒメウズはキンポウゲ科の多年草である。分類の項では「ヒメウズ属」としたが、「オダマキ属」に含められる場合も多い。ただ、花弁の距が極めて短いのが本種の特徴だが、そこで、オダマキ属とは別にヒメウズ属が設定されている。学名をみても、ヒメウズ属はオダマキ属に近似していることが理解できよう。概して山野や藪等に自生が見られる野草である。根生葉は長い葉柄をもち、葉身は3出複葉である。葉裏は紫色を帯びる。茎葉は2回3で複葉で葉柄は短くなる。4~5月頃、淡紅色を帯びた白色の5弁花を下向きに開花する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考