←トップ頁へ

和名 ヒメウスユキソウ
漢字表記 雛薄雪草
別名・異名 コマウスユキソウ(駒薄雪草)
古名
語源 和名は、小型のウスユキソウの意から。/属名は、「ライオンの足」の意で、綿毛に覆われた花姿がライオンの足を想わせることからと言う。/種小名は「信濃産の」の意。
学名 Leontopodium shinanense
英名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科ウスユキソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/路地植え(ロックガーデン)
原産地 日本(本州:中央アルプス):日本特産種
花言葉 尊い思い出
解説 ヒメウスユキソウは、キク科の多年草である。草丈は3~8㎝程度とウスユキソウの仲間では一番小型であることが和名の由来とも言える。花茎も細く、狭い葉は互生する。7~8月頃、茎頂に綿毛をつけた苞葉が数個つき、その中央の頭状花が2,3個つく。
履歴 かつては、ミヤマウスユキソウと同種と想定されていたが、1937年キク科植物の第一人者でもある北村四郎博士が独立種として発表し今日に至っている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考