←トップ頁へ

和名jp ヒメウイキョウ
撮影者:東京都 中村利治様↑

撮影:GKZ/佐野市三毳山ハーブ園↑
漢字表記 姫茴香
別名・異名
another name
キャラウエイ
古名old name 撮影地:足立区農業公園
語源
etymology
属名は、キャラウエイのラテン古名であるcareumの縮小形から。
種小名も属名の語源と同じ語から。両者の語源は、キャラウェイのアラビア語名al-karawyaであると言われている。
学名sn Carum carvi
英名en Caraway
仏名fr carvi
独名de kümmel
伊名it cumino
西名es alkalavea
葡名pt alcaravia/cariz
漢名ch 葛縷子
植物分類 セリ科ヒメウイキョウ属
園芸分類 二年生草本
用途 薬用/香辛料/ハーブ
原産地
distribution
アジア西部~ヨーロッパ東部
花言葉 迷わぬ愛
解説
description
ヒメウイキョウは、セリ科の二年草である。ただし、定着を見ると、落ちた種子から毎年発芽を見る。葉は羽状複葉で、小葉は線形。5~6月頃散形花序に白色または淡桃色の小花を見せる。果実は形3~4㎜程度の円形。根はニンジンにも似た姿である。
履歴 スイスの湖上家屋遺跡(BC2000年頃)からは、果実が発見されているという。/古代ローマ時代には根が兵隊食にされたという。
県花・国花
古典1
古典2 エジプト最古の医薬書『エーベルス・パピルス』(BC1552年)に既に記載があるという。
季語
備考 イノンド(Anethum graveolens)もヒメウイキョウの名で呼ばれる。
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 37 「茴香」