←トップ頁へ

和名 ヒメツキミソウ
漢字表記 姫月見草
別名・異名 オエノテラ・ペレンニス/キバナヒルザキツキミソウ(黄花昼咲月見草)
古名
語源 和名は、小形のツキミソウの意。/属名は、「酒」と「野獣」による合成語。根にワインに似た香があり、獣が好んで食べることからという。/種小名は「多年生の」の意。
学名 Oenothera perennis
英名 Little evening primrose,Perennial sundrops、Small sundrops
仏名    撮影者:東京都 中村利治様
独名  
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 アカバナ科マツヨイグサ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 北米東部
花言葉 物言わぬ恋、新しい恋人
解説 ヒメツキミソウは、アカバナ科の多年草である。草丈は10~30㎝程度。葉は長さ2~4㎝程度の披針形で、茎に互生する。5~10月頃、径2㎝前後程度の黄花4弁花を総状につける。
履歴 わが国へ昭和初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考