←トップ頁へ

和名jp ヒメタツナミソウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
漢字表記 姫立浪草
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、小形のタツナミソウの意から。
属名は、ラテン語のscutella(=小皿)を語源とし、宿存萼に丸い付属物があるからと言う。
種小名は「(鹿児島県喜界島の」の意。
学名sn Scutellaria kikai-insulans
英名en
仏名fr
独名de 撮影地:筑波実験植物園
伊名it
西名es  
葡名pt
漢名ch
植物分類 シソ科タツナミソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
鹿児島県喜界島:固有種
花言葉
解説
description
ヒメタツナミソウは、シソ科の多年草である。鹿児島県喜界島の固有種で、島内の林縁で幾分水はけの良い草地に自生が見られるという。草丈は5㎝程度という矮性種であり、名前の所以となっている。茎は細く、下部では匍匐し、上部で分枝をする。葉は長さ5~9㎝程度の卵形で、縁部には鋸歯状突起があり、基部には長い葉柄がつき、茎に対生する。茎・葉・花には白色の細毛が密生する。原産地では3~4月頃、茎長に総状花序を出し、白色~淡紫色の花をつける。花形はシソ科特有の筒状唇形花である。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠA類(CR)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考