←トップ頁へ

検索名  ヒメタガソデソウ(姫誰が袖草)   
和名 オオヤマフスマ
 撮影者:東京都 山口米子様
撮影地:礼文島
漢字表記 大山衾
別名・異名 ヒメタガソデソウ(姫誰が袖草)
古名
語源 和名は、山地に自生が見られる野草で、等しくナデシコ科のノミノフスマに対して幾分葉が大形であることから。因みに、「衾(ふすま)」とは「布団」のことであり、葉を重ね夜具にすると見立てたもの。/属名は、18世紀ドイツ人植物学者Paul Heinrich Moehringへの献名。/種小名は「側生した花の」の意。
学名  Moehringia lateriflora
英名  Blantoleaf sandwort,
Grove sandwort
仏名 Moehrigie latériflore,
Sabline latériflore
独名
伊名
西名
葡名
漢名 種阜草
植物分類 キク科オオヤマフスマ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 北半球の温帯~亜寒帯
花言葉
解説 オオヤマフスマはナデシコ科の多年草である。草丈は10~20㎝程度。茎は細く細毛に覆われる。葉は長さ1~2.5㎝程度の長楕円形で、全縁、無柄、先端部は鈍頭、茎に対生する。葉は両面に細毛が密生する。6~8月頃、茎上部に集散花序を出し、径1㎝程度で白色5弁の小花をつける。蒴果は卵形で、種子は光沢のある黒色。
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考