←トップ頁へ

和名 ヒメスイレン  撮影者:東京都 中村利治様↑
漢字表記 姫睡蓮
別名・異名
古名  Helvola種→
語源 和名は、スイレンよりも小形の花をつけることから。/属名は、ギリシャの水の精Nymphに因んでいる。
学名 Nymphaea cv.
英名 Pygmy water lily
仏名 撮影地:新宿御苑
独名
伊名 
西名
葡名 撮影:GKZ/群馬フラワーパーク↓ 
漢名
植物分類 スイレン科スイレン属
園芸分類 多年生草本
用途 池植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉
解説 ヒメスイレンはスイレン科の耐寒性水生植物である。本種は、我が国に自生の見られるヒツジグサから作出された園芸品種である。草丈は、水面から5~10㎝程度となる。葉は長い葉柄の先につき、水面に浮かびほぼ円形となり、1箇所深裂する。5~10月頃、径6~7㎝程度の八重咲き花をつける。花色は白色・桃色・黄色・淡黄色などと多彩。掲載した写真はヒメスイレンのハイブリッド種であるHelvola種である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考