←トップ頁へ
和名 ヒメスゲ
漢字表記 姫菅
別名・異名
語源 和名は、小形のスゲの意からか。/属名は、古代ローマ時代の植物名からの転用と言われているが、他にも諸説がある。/種小名は「尖った雄ずいの」の意。
学名 Carex oxyandra
英名
仏名
独名
伊名 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁最下段にあります。
西名
葡名
漢名 球穗薹/南投薹
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(北海道~九州)~東アジア
花言葉
解説 ヒメスゲはカヤツリグサ科の多年草である。概してブナ帯以上の高地で、比較的日当たりの良い地に自生の見られる野草である。草丈は10~30㎝前後程度。下部の鱗片葉並びに鞘状葉は暗赤色。花茎は葉よりも長く伸びて小穂を5、6個つける。鱗片は暗赤色で芒は見られない。開花期は5~8月頃。先端の雄花穂(線形)並びにその下の雌花穂は、共に鱗片が暗紫赤色で光沢がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考