←トップ頁へ

和名jp ヒメシロネ  撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 姫白根
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、シロネに対して茎も葉も細く、草丈も小形である事から。因みにシロネとは地下茎が肥大してが肥大して白色であることから。
属名はギリシャ語のlycos(=オオカミ)とpous(=足)の合成語で、葉の形状から。
種小名はロシアの自然科学者Richard Karlovich Maackの名に因んでいる。
学名sn Lycopus maackianus
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 狹葉地瓜兒苗
植物分類 シソ科シロネ属
園芸分類 多年生草本
用途use 食用(地下茎)/薬用
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国
花言葉
解説
description
ヒメシロネはシソ科の多年草である。概して水辺に自生の見られる野草である。同属のシロネに対して全体的に小ぶりとなることからヒメシロネと命名されたという。草丈は30~70㎝程度。茎は四角形で、直立し、草丈は30~70㎝程度に。葉は長披針形で茎に密に対生する。葉の縁には鋸歯があり、先端は鋭頭となる。表面は無毛で光沢がある。7~9月頃、葉腋に白色で唇形の小花を群がってつける。花冠の長さは3~5㎜程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考