←トップ頁へ

和名jp ヒメシロアサザ
漢字表記 姫白荇
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、アサザの仲間であり、白花を見えることから。(因みにアサザは黄花である。)
属名は「Nymphaea(=ヒツジグサ属)に似たもの」の意。
種小名の「朝鮮の」の意。
学名sn Nymphoides coreana
英名en
仏名fr
独名de 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 小荇菜
植物分類 ミツガシワ科アサザ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本/台湾/朝鮮半島/中国/ロシア
花言葉
解説
description
ヒメシロアサザは、ミツガシワ科の多年草である。我が国各地の湖沼、溜池、水田等に自生の見られる水生浮遊植物である。近年個体数が減少しつつあり絶滅を危惧されてもいる。同属にはアサザやガガブタがある。この三者は良く似ており、葉姿だけでは区別がしにくい。アサザの場合、葉の縁が鋸歯状に大きく波を打つが、ヒメシロアサザの場合には全縁と言える。花色は、アサザは黄花であるが、ガガブタとヒメシロアサザは白花である。ガガブタの場合には花弁い毛が多いが、本種(ヒメシロアサザ)の場合には、花弁の縁にのみ毛が見られる。本種の場合、7~9月頃に白色の花をつける。花冠は4,5裂する。葉の長さは2~6㎝程度で、葉の表面には光沢がある。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典
季語1
季語2
備考