←トップ頁へ

和名jp ヒメシオン
漢字表記 姫紫苑
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、小型のシオンの意。
属名はギリシャ語のaster(=星)を語源としている。頭状花が放射状であうことから。
種小名は「束になって直立した」意。
学名sn Aster fastigiatus
撮影者:東京都 中村利治様
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 紫苑
女菀
返魂草
夜奔牛
女宛
植物分類 キク科シオン属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)朝鮮半島/中国
花言葉
解説
description
ヒメシオンは、キク科の多年草である。草丈は30~100㎝程度。葉は線状披針形で裏面には短毛を密生させる。8~10月頃、径7~10㎜程度の頭花を散房状に開く。舌状花は白色。
履歴 似た名前で帰化植物のヒメジョオンがあるが本種とは別の植物である。ただ、ヒメジョオンの名はこのヒメシオンに起因していると言われている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考