←トップ頁へ

和名 ヒメシュウレイ
漢字表記 姫秋麗
別名・異名 グラプトペタルム・メンドーサエ
古名
語源 和名の語源不詳。同属の「秋麗」に比して小形種であることからか?/属名はギリシャ語のgrapatos(=塗装された、印刷された)とpetalon(=花弁)の合成語からで、花弁に見られる色模様の濃淡を示している。/種小名は本種の発見者であるメキシコ人Mario Mendozaへの献名。
学名 Graptopetalum mendozae
撮影者:東京都 山口米子様 
英名
仏名 撮影地:筑波実験植物園
独名   
伊名
西名 Marmolito
葡名
漢名 姫秋麗、丸葉姫秋麗
植物分類 ベンケイソウ科グラプトペタラム属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え(暖地)
原産地 メキシコ
花言葉
解説 ヒメシュウレイはベンケイソウ科の多肉植物である。草丈は10~15㎝程度となる。本種は、メキシコの熱帯雨林に自生する多肉植物である。葉は、多分に多肉質な卵形で、長さ1.8㎝、幅10㎜程度で、色はクリーム色~灰緑色、ロゼット状に茎周囲につく。葉は、茎上方に上がるに連れ小さくなる。3~4月頃、葉腋から総状花序を出し、4~10個程度の花をつける。花は径1㎝程度の5弁花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考