←トップ頁へ

和名 ヒメシャジン
漢字表記 姫沙参
別名・異名
古名
語源 和名は、小形のツリガネニンジンの意から。因みに、沙参(シャジン)とは、ツリガネニンジンから得られた漢方薬名である。/属名は、adenos(=腺)とphoreo(=持つ)の合成語で、乳液を出す腺細胞があることから。/種小名は、「(栃木県)日光の」の意。
学名 Adenophora nikoensis 撮影者:東京都 中村利治様
英名 撮影地:箱根湿生花園
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キキョウ科ツリガネニンジン属
園芸分類 多年生草本(神奈川県西部から愛知県東部)
用途 鉢植え/ロックガーデン
原産地 日本(本州:東北地方~中部地方):日本特産種
花言葉 つつましやか 真岡市:花ちょう遊館・高山植物館にて↓
解説 ヒメシャジンの属しているツリガネニンジン属はユーラシア大陸特産の属であり、その中でもヒメシャジンはイワシャジン等と同様には日本特産種である。概して高山の岩礫地等に自生が見られ、茎はか細く、草丈は10~40㎝程度に。葉は披針形で茎に互生する。葉の縁には荒い鋸歯があり、先端は尖る。7~9月頃に青紫色で釣鐘状の花を下向きにつける。花径は2㎝前後程度で、花の長さは1.5~2.5㎝、花冠は5裂する。  
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考