←トップ頁へ

検索名  ヒメリュウキンカ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:東京都薬用植物園

撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:とっとり花回廊
和名jp キクザキリュウキンカ
漢字表記 菊咲立金花
別名・異名
other name
オウシュウキンポウゲ
ヒメリュウキンカ
ラナンキュラス・フィカリア
ラナキュラス・ヴェルナ
古名
old name
語源
etymology
和名は、花姿からの命名。
属名はラテン語のrana(=カエル)を語源とし、この属の植物が水湿地に多く見られることから。
種小名は「イチジクのような」の意。
学名sn Ranunculus ficaria
(=Ranunculus verna)
英名en Fig buttercap
Lesser celandine
Pilewort
仏名fr Ficaire fausse-renoncule
Ficaria verna
Ficaria ranunculoids
ranunculus ficaria
Ficaria
独名de Feiwurz
Frühlings-Scharbockskraut
伊名it ranuncolo favagello
西名es Celidonia menor
葡名pt Ficária
Quelidónia-menor
Escrofulária-pequena-de-crisley
漢名ch 榕葉毛莨
小白屈菜
白花苜蓿
植物分類 キンポウゲ科キンポウゲ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え
原産地
distribution
地中海沿岸地方~北アフリカ
花言葉 あなたに会える幸せ
解説
desxcription
キクザキリュウキンカはキンポウゲ科の多年草である。本種は、地下に球形~楕円形の塊根を持つ。草丈は10~30㎝程度となる。本種の活動期間は晩冬~早春にかけてであり、6月頃には、地上部はほぼ枯死する。葉は、幾分多肉質で、長さは1.8~3.7㎝、幅2~4㎝程度の卵形で、縁部はほぼ全縁~浅鋸歯を持つ、葉の基部は心形となり、長い葉柄に連なり、茎に互生する。4~5月頃、長い花茎を立ち上げ、その先に8~12個の花弁を持った鮮黄色の花をつける。花径は1~2㎝程度となる。花後には、径7㎜程度でほぼ球状の果実をつける。果実は痩果の集合体である。
履歴 本種は、北米では帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考