←トップ頁へ

和名 ヒメオトギリ 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁最下段にあります。
漢字表記 姫弟切り
別名・異名
古名
語源 和名は、オトギリソウに似るが全体的に小型であるため。属名は、ギリシャ語のhype(=上に)とeikon(=絵)の合成語で、本種を絵画の下に吊して悪魔を追い払った民間伝承から。
学名 Hypericum japonicum Thumb.
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 地耳草
植物分類 オトギリソウ科オトギリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 庭植え/鉢植え/切り花/生け花/茶花/果実は薬用
原産地 日本/朝鮮半島/サハリン
花言葉 迷信/敵意
解説 ヒメオトギリはオトギリソウ科の多年草である。草丈は10〜30p。全体的に無毛。葉面に黒い油点が散在する。夏に茎の頂に黄色の5弁花を見せる。一日花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
巻数 頁数 タイトル
『パイピのけむり』 2 164 「燕の便り」