←トップ頁へ

和名jp ヒメオドリコソウ
↑撮影地:群馬県館林市↓

撮影地:埼玉県・加須市↓
漢字表記 姫踊子草
別名・異名
another name
ラミウム・プルプレウム
古名old name
語源
etymology
和名は、我が国に自生の見られるオドリコソウよりも小型であることから。
属名のLamiumとは「のど」の意であるが、植物との関連は不詳。
種小名のpurpureumとは、「紫色」の意。
学名sn Lamium purpureum L.
英名en Dead nettle
仏名fr Ortie blanche
独名de Purpurrote taubnessel
伊名it Falsa ortica purpurea
西名es ortiga muerta
葡名pt Lâmio-roxo
漢名ch 円歯野芝麻
植物分類 シソ科オドリコソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
ヨーロッパ
花言葉 愛嬌
解説
description
ヒメオドリコソウは、シソ科の多年草である。我が国の路傍や空き地などで普通に見られるがヨーロッパ原産の植物が帰化状態と化したものである。草丈は、10~25㎝程度。3~4月頃に茎上部に淡桃色の非常に小さな花を多数見せる。葉は上部のものは赤味を帯びる。 
履歴 ヨーロッパ原産のこの植物は今日帰化状態にあるが、我が国で初めて発見されたのは、東京の駒場で明治26年(1893)ということである。
因みに、アメリカでも帰化状態にあるという。 
県花・国花  
古典  
季語1  
季語2  
備考