←トップ頁へ

和名jp ヒメノコンギク
撮影者:東京都 中村利治様

横浜山草会秋の山草展にて
漢字表記 姫野紺菊
別名・異名
other name
ダルマノコンギク(達磨野紺菊)
古名old name
語源
etymology
和名は、矮性のノコンギクの意から。
属名はギリシャ語のaster(=星)に由来し、頭状花が放射状をしていることから。
種小名は「カッコウアザミに似た」の意。
変種名は「卵円形の」の意。
学名sn Aster ageratoides var. ovatus f.
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科シオン属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/食用(若葉)
原産地
distribution
園芸作出品種
花言葉
解説
description
ヒメノコンギクはキク科の多年草である。本種はノコンギクの矮性品種であり、山野草盆栽愛好家が愛培することの多い植物である。草丈は30㎝前後程度。茎はよく分枝する。葉は広披針形または長楕円形で、両面に短毛を密生させ、触れるとざらついた感触がある。8~11月頃、茎頂に青紫色~白色の舌状花と黄色の筒状花からなる頭状花を散房状につける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考