←トップ頁へ

検索名 ヒメノカリス・スペキオーサ・ヴァリエガータ
和名 フイリササガニユリ
漢字表記 斑入り笹蟹百合
別名・異名 フイリスパイダーリリー/ヒメノカリス・スペキオーサ・ヴァリエガータ
古名
語源 和名は、葉に斑模様が入るササガニユリの「意。/属名は、ギリシャ語のhymen(=膜)とcalos(=美しい)の造語で、美しい膜状の副花冠に因んでいる。/種小名は「美しい」の意。/変種名は「斑入りの」の意。
学名 Hymenocallis speciosa var. variegata
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒガンバナ科ヒメノカリス属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 西インド諸島 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 虚勢 撮影地:タイ・バンコク・ルンピーニ公園
解説 フイリササガニユリは、ヒガンバナ科の多年草である。母種のササガニユリは本来の原産地は西インド諸島であるが、東南アジア諸国では半野生化状態にあり、少しも珍しくないほどによく目にする野草である。本種は、そのササガニユリ葉に白色の斑模様が入る変種である。葉は長楕円状で長さは60㎝となる。花茎は葉よりも短く茎頂に白色の花をつける。花には短い花柄があり、長い花筒を持ち、花弁は写真に見られるように長く垂れ下がる。花糸の基部は杯状の副花冠となる。花弁の形状から英名ではスパイダーリリーと呼ばれている。夏場に開花するが、花にはバニラに似た芳香がある。本種に良く似た種にヒメノカリス・リトラーリス種があるが、花弁が本種よりも細くなる。
履歴 わが国への渡来時期不詳。/シンガポールやマレーシアでは帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考