←トップ頁へ

和名jp ヒメノアサガオ
 撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:タイ・パタヤ↑

撮影地:タイ・ホアヒン↑
漢字表記 姫野朝顔
別名・異名
other name
古名
old name
撮影地:タイ・ホアヒン→
語源
etymology
和名は、小形のアサガオで野生種であることから。
属名は、ギリシャ語のips(=いも虫)とhomoios(=似た)の合成語で、他物にからみついて這い上る習性をしている。
種小名は「目立たない、不明瞭な」の意。
学名sn Ipomoea obscura 
英名en Obscure morning glory、
Small white moroning glory
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 小心葉薯
泰名th จิงจ้อขาว 
植物分類 ヒルガオ科サツマイモ属
園芸分類 蔓性多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
熱帯アジア
花言葉 見つけたら幸せ
解説
description
ヒメノアサガオはヒルガオ科の多年草である。蔓性植物で、蔓の長さは1~3m程度となる。葉は長さ3~5㎝程度の心形~広卵形で、茎に互生する。原産地ではほぼ周年開花で、葉腋から径2㎝程度の筒状花を付ける。花冠は黄白色で、花冠底部には暗紫色の模様が入る。
履歴 本種は、世界の熱帯・亜熱帯各地で帰化状態にある。
我が国でも沖縄県では帰化状態にある。  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考