←トップ頁へ

検索名  ヒメムグラ   
和名jp キクムグラ  
漢字表記 菊葎  
別名・異名
other name
ヒメムグラ  
古名old name  
語源etymology 和名は、牧野植物図鑑では「古くからある名で葉の感じを見立てたものという。」と説明されている。
名はカワラマツバのギリシャ古名galionに「由来している。
種小名は和名から。 
学名sn Galium kikumugura
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es 栃木県日光市:柳沢林道にて
葡名pt
漢名ch
植物分類 アカネ科ヤエムグラ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本
花言葉
解説
description
キクムグラは、アカネ科の多年草である。概して山地の林縁に自生の見られる野草である。茎は基部では匍匐状となるが、良く分枝し、草丈は20~40㎝程度となる。茎には4稜がある。葉は倒卵状楕円形で、4枚が茎に輪生する。葉の先端は刺状に尖りを見せる。6~7月頃、葉腋から細い花序を出し、白色の4弁花をつける。花は1㎜程度の小花である。ヨツバムグラと良く似ているが、本種の場合、花柄の基部に葉状の苞葉があるので区別点とされる。果実には、鈎状の毛が生えている。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考