←トップ頁へ

和名jp ヒメマンネングサ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 姫万年草
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、草姿が小形のマンネングサの意から。
属名は、ギリシャ語のsedere(=座る)に由来し、地面や巌に張り付いていることからと言う。
種小名は、明治期の京都大学嘱託であり、我が国の植物採集家でもあった田代善太郎氏への献名。
学名sn Sedum zentaro-tashiroi
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es  
葡名pt
漢名ch
植物分類 ベンケイソウ科マンネングサ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
長崎県対馬:固有種 
花言葉  
解説
description
ヒメメンネングサはベンケイソウ科の多年草である。対馬の産地の岩上にのみ見られる固有種である。草丈は10~20㎝程度。ヒメレンゲに似ているが、本種の場合、茎色が赤くなる(ただし、先端部は緑色である。)。茎は伸びて分枝をするがランナーは出さない。葉は厚味のある楕円状で先端部は赤味を帯びる。4~5月頃、茎頂に集散花序を出し、黄色い小花の5弁花を多数つける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考