←トップ頁へ

検索名 ヒメクズ(姫葛)
和名 ノアズキ
漢字表記 野赤小豆
別名・異名 ヒメクズ(姫葛)
古名
語源 和名は、野に見られるアズキの意から。葉・花姿が似ていることから。/別名は、葉姿がクズと良く似ていることから。/属名はインドの現地名dumburから。/種小名は「軟毛のある」の意。
学名 Dunbaria villosa
英名
仏名 撮影者:京都府 藤井俊夫様
独名 撮影地:京都府木津川市
伊名
西名
葡名        
漢名 毛野扁豆
植物分類 マメ科ノアズキ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草
原産地 日本(宮城県以西)/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 ノアズキは、マメ科の多年草である。概して日当たりの良い林縁、堤防、野原等に自生の見られる野草である。茎には学名にも見られるように軟毛がある。葉は、別名にも見られるように一見してクズにも良く似ている。しかも、形状ばかりではなく、葛の葉が日射が強いときには葉裏を見せて光線を反射させる傾向を見せるが、本種も同様の性質を見せる。葉は3出複葉で、小葉は長さ・幅とに1~3㎝の菱形である。8~9月頃、葉腋から総状花序を出し、黄色い蝶形花をつける。花姿は、等しくマメ科のヤブツルアズキに良く類似していて、花弁も、龍骨弁も右回りに捩れを見せる。ただし、ヤブツルアズキの場合、豆果が細長い棒状で有り、無毛だが、本種の豆果の場合形状が広線形で有毛である点で区別される。豆果の長さは4~5㎝程度で、中に6~7個の種子が入っている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考