←トップ頁へ

和名 ヒメコウホネ
漢字表記 姫河骨
別名・異名
古名
語源 和名は、全体的にコウホネよりも小型であることから。/属名は、アラビア語neufarを語源とする植物名から。/種小名は「ほとんど全縁の」の意。
学名 Nuphar subintegerrimum Makino
英名
仏名 撮影地:皇居 東御苑
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:新宿御苑
西名
葡名
漢名
植物分類 スイレン科コウホネ属
園芸分類 多年生草本
用途 池栽培
原産地 日本(四国・九州)
花言葉 崇 高
解説 ヒメコウホネは、スイレン科の多年草である。コウホネよりも全体的に小さい。水上葉は水面に浮かび、その長さは6~10㎝程度。8~10月頃に花茎を出し、径3㎝前後の黄色い花を頂生する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 絶滅危惧Ⅱ類(VU)