←トップ頁へ

和名 ヒメキランソウ
 
漢字表記 姫金瘡小草
別名・異名
古名
語源 和名キランソウに似ていて小型種のため。なお、キランソウの語源については不詳。(ご存じの方ご一報下さい。)/属名はギリシャ語のa(=無い)とjugos(=束縛)の合成語からで、花冠の下唇上にくびきを共にするものが見えないことから。/種小名は「小さい、低小な」の意。
学名 Ajuga pygmaea  
英名
仏名
独名  撮影地:那覇市内 
伊名 撮影者:沖縄県 田中 勝様 
西名
葡名
漢名 矮筋骨草、紫雲蔓
植物分類 シソ科キランソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(グランドカヴァー)/鉢植え/薬用
原産地 日本(九州:福岡・佐賀・長崎)/台湾
花言葉 あなたを待っています
解説 ヒメキランソウは、シソ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の海岸近くの草原や岩場に自生する。草丈は10~20㎝程度。茎は地面を横走し、四方に広がる。根生葉は倒披針形でロゼット状に広がりを見せる。葉質は幾分肉厚で、表面にはキランソウ同様に白色の軟毛が見られるが光沢がある。葉の縁には緩やかで不規則な鋸歯があり、先端は鈍頭となる。3~6月頃に、葉腋に濃青紫色で長さ10~15㎜度の筒状唇形花を見せる。本種の花は、本州に見られるキランソウよりも幾分大きめとなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 春(キランソウ)
備考