←トップ頁へ

和名jp ヒメキンミズヒキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 

 撮影地:熊本県・小岱山↑
撮影:GKZ/栃木県三毳山↓    
漢字表記 姫金水引
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、キンミズヒキに似ているが全体的に小形となるため。属名はギリシャ語のargemone(ケシの一種の名前)から。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Agrimonia nipponica 
  撮影地:千葉市・ 
   大草谷津田いきものの里
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 日本龍牙草
植物分類 バラ科キンミズヒキ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/鉢植え/茶花/食用/薬用
原産地
distribution
日本/朝鮮半島
花言葉
解説
description
ヒメキンミズヒキは、バラ科の多年草である。キンミズヒキに良く似ているが、次のような点で区別される。先ず、草丈は50㎝程度までである。葉は、キンミズヒキと比べると丸味を帯びている。花径は、5~7㎜程度である。因みに、キンミズヒキの花径は1㎝前後となる。花弁もヒメキンミズヒキはキンミズヒキよりも細くなる。果実もヒメキンミズヒキの方が小さい。つまり、花姿は似ているが、全体的にキンミズヒキよりもヒメキンミズヒキの方が小振りとなると言える。自生地の面でも、キンミズヒキは人里近くにも見られるが、ヒメキンミズヒキは幾分山間地の渓流沿い等に多く自生している。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考