←トップ頁へ

和名jp ヒメキンギョソウ
撮影者:東京都 中村利治様

東京都:東綾瀬公園にて  
漢字表記 姫金魚草
別名・異名
other name
リナリア・ビパルティータ 
古名old name
語源
etymology
和名は、小型のキンギョソウの意。
属名はギリシャ語のrinon(=アマ)に由来している。この属のある種の葉が亜麻に似ていることから。
種小名は「二深裂した」の意。
学名sn Linaria bipartita
英名en clovenlip toadflax
split lip toadflax
仏名fr  
独名de  
伊名it  
西名es  
葡名pt
漢名ch 彩雀花
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)ウンラン属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え/切り花/ロックガーデン
原産地
distribution
ポルトガル/北アフリカ
花言葉 この恋に気づいて
解説
descriptiobn
ヒメキンギョソウは、オオバコ科(←ゴマノハグサ科)の多年草である。草丈は20~40㎝程度。葉は線形或いは披針形で、互生する。茎の上部にはほとんど葉が見られない。花茎は長く、花の付き方はややまばらである。花色は、紫、藤色、紅紫、白色などと多彩である。花期は3~6月。 
履歴 我が国には明治末期に渡来している。(一部地域では、既に帰化状態にある。) 
県花・国花
古典1  
古典2  
季語  
備考