←トップ頁へ

和名 ヒメケマンソウ
漢字表記 姫華鬘草
別名・異名 ディセントラ・エキシミア
古名
語源 和名は、小形のケマンソウの意。/属名は、ギリシャ語のdis(=二)とcentron(=距)の合成語で、二枚の花弁に距が突き出しているため。/種小名は「抜群の」の意。
学名 Dicentra eximia
英名 bleeding heart
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ケシ科コマクサ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え(ロックガーデン)/鉢植え
原産地 北米東部 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 従順・誇り
解説 ヒメケマンソウは、ケシ科の多年草である。草丈は20~30㎝。根出葉は羽状に細かく切れ込む。6~8月頃、ケマンソウと我が国のコマクサとの中間程度の大きさの花を開花する。花弁は4個で、外側の2個は反り返り、内側の2個は真っ直ぐ突き出る。雄蕊は6本。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※有毒植物(全草)