←トップ頁へ

和名jp ヒメカンアオイ
漢字表記 姫寒葵
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、小型のカンアオイの意。
属名は、ギリシャ語のa(=無)とsaroein(=装飾)の合成語からで、花が半ば地下に埋もれて開花することから。また、別説では、asaron(=枝を打たぬ)を語源とし、根茎が分岐しないからともいう。
種小名は、明治期に我が国の植物を採集した宣教師U.フォーリーの名に因んでいる。
変種名は日本の植物学者名に因んでいるものと推測されるが不詳。
学名sn Asarum fauriei var. takaoi(=Asarum fauriei var. serpens、Heterotropa serpens、Asarum stoloniferumHeterotropa stolonifera)
英名en
仏名fr
独名de 撮影者:東京都 中村利治様
伊名it 撮影地:小石川植物園
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ウマノスズクサ科カンアオイ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州:東北地方~近畿地方・四国):固有種
花言葉
解説
description
ヒメカンアオイはウマノスズクサ科の多年草である。概して、山地の林下に自生し、草丈は10~20㎝程度。葉は長さ4~8㎝の卵円形~腎円形で、表面には白斑が入る。葉は、カンアオイに比べて丸味を帯びている。11~3月頃に、地面に埋もれるように開花する。花は萼筒が浅いため、中央部の突起(花柱附属突起)が突出する傾向を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考