←トップ頁へ

和名jp ヒメジョオン
漢字表記 姫女苑
群馬県館林市にて
別名・異名
other name
ヤナギバヒメギク(柳葉姫菊)
サイゴウギク(西郷菊)
古名old name
語源
etymology
和名は、故牧野富太郎博士の命名による。/属名は、ギリシャ語のeri(=早い)とgeron(=老人)の合成語で、白色の軟毛で覆われ、早く咲く植物の意という。/種小名は「一年性の」の意。
学名sn Erigeron annuus L.
英名en Fleabane
Midsummer Aster
Vitadenia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 一年蓬
植物分類 キク科ムカシヨモギ属
園芸分類 二年生草本
用途use 野草/食用(若芽)
原産地
distribution
北アメリカ
花言葉 追想の愛
解説
description
ヒメジョオンは、キク科の越年草である。我が国各地の路傍や空き地に見られる。草丈30㎝~1m程度。5~6月頃に、茎上部に白色の舌状花を見せる。時に淡紫色を見せることもある。中心部は黄色。全草に粗毛を見せる。根生葉はロゼット状。ハルジョオンとの区別は、蕾を持った花茎の先端が垂れないことである。
履歴 明治維新前後(1865頃)渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考