←トップ頁へ

和名jp ヒメイカリソウ
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 姫碇草
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、小型のイカリソウの意から。
属名は、ギリシャ語のepi(=上)とMedlia(=ギリシャの地名)の合成語から。
学名sn Epimedium trifoliatobinatum
英名en
仏名fr
独名de
伊名 it  
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 メギ科イカリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本
花言葉 人生の出発、君を離さない
解説
description
ヒメイカリソウは、メギ科の多年草である。バイカイカリソウイカリソウとの交雑種と推測されている。草丈は20~30㎝程度。葉は革質で、2回3出複葉、小葉は卵状楕円形で刺状の細い鋸歯がある。葉の裏面には細毛が見られる。4~5月頃、白色の碇形の花を開花する。花弁は4個。
履歴 愛媛県:絶滅危惧1B類
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考