←トップ頁へ

検索名  ヒメホコ(姫鉾)
和名 コガメヒメ
漢字表記 小亀姫
別名・異名 ヒメホコ(姫鉾)/ガステリア・リリプターナ 
古名
語源 和名の語源については不詳。/属名は、ギリシャ語のgastar(=胃)が語源で、花の形態が胃に似ていることからの命名という。/種小名は『ガリバー旅行記』に登場する小人の国リリパットに由来しているという。
学名 Gasteria liliputana
英名 Ox tongue
仏名
独名 撮影地:新宿御苑→
伊名
西名
葡名
漢名 小亀姫
植物分類  ツルボラン(←ユリ科)科ガステリア属  撮影者:東京都 中村利治様↑
足利フラワーパークにて/撮影GKZ↓ 
園芸分類 多年生草本  
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 コガメヒメはツルボラン科(←ユリ科)の多年草である。草丈は15㎝程度まで。葉は多肉質で厚味があり、長さ7㎝程度の剣形で、全縁、先端部は刺状となる。葉序は若苗時には対生状であるが、成長に伴ってらせん状となる。葉は緑色時に白色の斑模様が入る。晩秋から葉色は赤味を帯びてくる。晩秋に長さ20~30㎝程度の花茎を立ち上げ、穂状に袋型で桃色、先端部が緑色の小花を多数下垂する。属名はこの花形が胃袋の形状にも似ていることから命名されたと言われている。
履歴 ガステリア属の植物は、明治末期から大正期にかけて渡来している。ただし、本種の渡来時期に関しては不詳。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考