←トップ頁へ

和名 ヒメヒオウギアヤメ
漢字表記 姫檜扇菖蒲
別名・異名 ラペイロウジア/アノマテカ
古名
語源 和名は、ヒオウギに似た花を見せ、矮性種であることから。/属名は、南アフリカで植物採集をしていたデンマークの植物学者Christian Friedrich Ecklonが親友のドイツ人医師F.H.Freeseに献名したことによるという。/別名は、旧属名からで、現在も我が国の園芸界では、流通名となっていることが多い。/種小名は「まばらな、散開する」の意。
学名 Freesia laxa(=Lapeirousia cruenta=Anomatheca laxa)  真岡市・井頭公園:花ちょう遊館にて↑
とちぎ花センターにて↓
英名 Painted Petals/Flame Freesia
仏名 Lapeirousia,Anomatheca
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 アヤメ科フリージア属(←ラペルージア属←アノマテカ属)
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 よい知らせ  
解説 ヒメヒオウギは、アヤメ科の球根植物である。草丈は20㎝前後。根出葉は2枚で薄く扁平、長さは15~30㎝程度。花茎は細く、分枝はしない。6~7月に、茎頂に紅色の花を見せる。花色は白色、ピンク、淡藤色などと多彩である。 
履歴 本種は、ラペルージア属、アノマテカ属を経て、現在はフリージア属に分類されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考