←トップ頁へ

和名 ヒメヒガンバナ
漢字表記 姫彼岸花
別名・異名 ネリネ・ウンドゥラ-タ/ネリネ・クリスパ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ神話の水の妖精ネーリーネーの名に由来している。/種小名は「波状の、うねった」の意。
学名 Nerine undulata 撮影者:東京都 中村利治様
英名 Guernsey lily,Cape flower ダイヤモンド・リリー種
仏名 Nérine ondulée
独名
伊名 Nerine rosa
西名
葡名
漢名 南非尼潤蘭
植物分類 ヒガンバナ科ヒメヒガンバナ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ・グラハムタウン
花言葉 燃ゆる想い、幸せな思い出
解説 ヒメヒガンバナはヒガンバナ科の常緑多年草である。草丈は30~60㎝程度。11~12月頃掲載した写真のような花を見せるが、花被片の長さはおよそ3㎝、幅2㎜程度で、縁が波打つのが特徴。花色は淡紫桃色。本種は、ネリネの仲間でも遅咲き種としても知られ、本種を母種とした園芸品種が各種作出されている。
履歴 我が国へは大正期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考