←トップ頁へ

和名jp ヒメヘビイチゴ
撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記 姫蛇苺
別名・異名
other name
古名 
old name
 
語源
etymology
和名は、小形のヘビイチゴの意から。
属名は、potens(=強力)に由来し、この属に強い薬効をもつ種があったことから。
種小名は「100粒」の意。
学名sn Potentilla centigrana
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:奥日光・湯元
西名es
葡名pt
漢名ch 蛇莓委陵菜
植物分類 バラ科キジムシロ属(←ヘビイチゴ属)
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/薬用
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国/ロシア
花言葉 可憐
解説
description
ヒメヘビイチゴは、バラ科の多年草である。我が国の山地であまり日当たりの良くない地に自生の見られる野草である。草丈は10~30㎝程度となる。茎は匍匐枝を伸ばし繁殖する。葉は長い葉柄を持った三出複葉で互生する。葉の基部には托葉がつく。小葉は長さ0.5~1.5㎝、幅0.4~1.5㎝のほぼ円形でである。葉裏は粉白色で毛が密生する。6~8月頃、茎上部の葉腋に径4~8㎜程度で黄色の5弁花をつける。実は集合果であるが、ヘビイチゴの様に赤熟することは無い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考