←トップ頁へ

和名 ヒメハチク
撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記 姫淡竹
別名・異名 フイリハチク(斑入り淡竹)
古名
語源 和名は、稈高の低いハチク(Phyllostachys nigra var. henonis)の意から。/属名は、ギリシャ語のphllon(=葉)とstachys(=穂)の合成語で、葉片のついた苞に包まれた花穂の姿から。/種小名は「低い、小さい」の意。
学名 Phyllostachys humilis  
英名
仏名
独名 撮影地:神代植物公園
伊名
西名
葡名
漢名 多般竹
植物分類 イネ科マダケ属
園芸分類 常緑多年生草
用途 庭植え/鉢植え(盆栽)
原産地 日本〜中国南部
花言葉
解説 ヒメハチクは、マダケの仲間で稈高が最小のタケである。稈高は2〜3m程度となる。稈径は2〜3p程度である。節間は15〜18p程度となる。枝は長さ40p程度で、葉は、無毛、長さ7〜8p、幅0.7p程度で、若葉地には中央に太い条線模様が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考