←トップ頁へ

和名 ヒメハナシノブ
漢字表記 姫花忍
別名・異名 ギリア・トリコロール
古名
語源 和名は、ハナシノブに似て、小形だから。/属名の語源には2説ある。その1は、イタリアの天文学者Filippo Luigi Giliの名に因んでいると言う。その2には、スペインの植物学者Luis Gilの名に因んでいるという。/種小名は「三色の」の意。
学名 Gilia tricolor
英名 Birds eye,Birds-eye gilia
仏名    とちぎ花センターにて 
独名 Vogeläuglein
伊名 Occhi di bambola,Occhi d'uccello
西名 Ojos de pájaro
葡名
漢名 三色介代花・吉莉花
植物分類 ハナシノブ科ヒメハナシノブ属
園芸分類 1年性草本
用途 路地植え
原産地 アメリカ
花言葉
解説 ヒメハナシノブは、ハナシノブ科の1年草である。アメリカ西部地区の丘陵地帯に自生の見られる野草である。草丈は30~50㎝程度。茎の周囲には白色の細毛が密生する。葉は羽状複葉で、裂片は細長い線状となる。葉の表面にも白色の細毛が密生する。5~6月頃、茎頂に径2㎝程度で漏斗状の花をつける。花冠は5裂する。本種は、開花時には芳香を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考