←トップ頁へ

和名 ヒメハナビシソウ   撮影地:足立区農業公園
漢字表記 姫花菱草
別名・異名 エスコルチア、ミニチュア・サンデュー 
古名
語源 和名は、小形のハナビシソウの意から。/属名は、19世紀初頭に世界一周をしたことで知られるロシアの医師で自然科学者のJ.esshorutuの名に因んでいる。/種小名は「群生の、叢生の」の意。
学名 Eschscholzia caespitosa
英名 Tufted poppy,
Collarless California poppy
Dwarf Califorinia poppy,
Sundew California poppy
仏名 Pavot de californie
独名 Goldmohn
伊名
西名
葡名
漢名 花菱草
植物分類 ケシ科ハナビシソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 アメリカ・カリフォルニア 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 願いをかなえて  
解説 ヒメハナビシソウは、ケシ科の一年草である。草丈は10~20㎝程度。茎はか細く、良く分枝をする。葉は羽状複葉で、葉の裂片は線状に細かく裂け、茎に互生する。4月~6月頃に長い花茎を出し、花径2~3㎝程度の4弁花を見せる。花色は、淡黄色。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考