←トップ頁へ

和名 ヒメハマナデシコ
          撮影者:東京都 石黒俊紀様
漢字表記 姫浜撫子
別名・異名 リュウキュウカンナデシコ(琉球寒撫子)
古名
語源 和名は、ハマナデシコ似るが、小型であることから。/属名は、ギリシャ語のdios(=ジュピター)とanthos(=花)の合成語で花の美しさを讃えたもの。/種小名は「九州の」の意。
学名 Dianthus kiusianus Makino
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ナデシコ科ナデシコ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/庭植え
原産地 日本南部
花言葉  撮影地:神代植物公園山草展
解説 ヒメハマナデシコは、海岸の岩上に見られるナデシコである。根は長短様々だが、木質化して、下に根を下ろしている。茎は群生し、草丈は17~30㎝程度。葉は叢生し長いくさび形である。葉質はやや厚く、縁に微毛がある。表面には光沢を持ち、常緑である。夏から秋にかけて花を見せる。花色は紫色。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 263 「冬葵」