←トップ頁へ

和名 ヒメアマ
撮影者:ポルトガル在住
  武本比登志/睦子様
      
             撮影地:ポルトガル 
    コスタ・アズール地方


漢字表記 姫亜麻
別名・異名 リナム・ビエンネ
古名
語源 和名は、小形の亜麻の意。
属名はlinon(=アマのラテン古名)から。
種小名は「2年生の」の意。
学名 Linum bienne
英名 Pale flax
仏名 Lin bisannuel
独名 Wilder Lein
伊名 Lino selvatico
西名 Lino braco
Pálido
Sivestre
Bienal
葡名 Linho-comum
漢名 宿根亜麻
植物分類 アマ科アマ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/繊維材
原産地 地中海沿岸地方~西部ヨーロッパ~イギリス・アイルランド
花言葉
解説 ヒメアマは、アマ科の越年草~多年草である。本種は、原産地の項に記した地で、海抜0~1000m級高地までの概して石灰岩質の日当たりがくよく比較的乾燥した平地に自生の見られる野草である。草丈は60㎝程度となる。葉は長さ1.5~2.5程度の線形ないし披針形で、先端は鋭く尖り、互生する。3~6月頃に茎上部の葉腋に径1㎝程度で淡青色の5弁花をつける。
履歴 本種は、世界各地の温帯地域に帰化状態と化している。
我が国も、例外では無く、帰化状
態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考