←トップ頁へ

和名 ヒマワリ
漢字表記 向日葵
別名・異名 日輪草/ひぐるま
古名
語源 和名は、花が太陽を追って回るという意味から命名(しかし、実際にはほとんど動かない)。/属名は、helios(=太陽)とanthos(=花)の合成語で、「太陽の花」の意となる。/種小名は「一年性の」の意。
学名 Helianthus annuus
英名 sun flower 群馬県・館林市にて
仏名 soleil
独名 Sonnenblume
伊名 girasole
西名 Girasol’
葡名 girassol
漢名 日車/日輪草
植物分類 キク科ヒマワリ属
園芸分類 一年生草本
用途 花壇/切り花/食用/工業用/飼料
原産地 北米
花言葉 あなたは素晴らしい/光輝
解説 ヒマワリはキク科の一年草である。草丈は2~3mにも及ぶ。全草に短剛毛が密生する。葉は長い葉柄を持った心臓形で、長さは10~30㎝程度。夏~秋にかけて茎頂および枝先に径10~30㎝程度の頭花を横向きに開花する。花は一般的に黄金色の舌状花と、中心部の黄、黒或いは茶褐色の筒状花とから構成される。草丈は品種によって異なる。
履歴 スペインの医師ニコラス・モナルデスが16世紀半ばにヨーロッパに伝える
県花・国花 ロシア/ペルーの国花
古典
古典2 『花彙』(1765年)には「迎陽花」・「日向葵」・「日車」の名が見られる。『大和本草』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
18 30 「向日葵」