←トップ頁へ

和名 ヒマラヤウバユリ 撮影者:イギリス在住 Hiroko Wrught様      
漢字表記 ヒマラヤ姥百合
別名・異名 カルディオクリヌム・ギガンテウム
古名
語源 和名は、ヒマラヤ産のウバユリの意。/属名はギリシャ語のcardia(=心臓)とcrinon(=ユリ)の合成語で、花は百合に似ているが、葉は心臓形をしていることから。/種小名は「巨大な」の意。
学名 Cardiocrinum giganteum
英名 Giant Himalayan lily
仏名 Lis géant de l'Himalaya
独名 Riesenlilie
伊名
西名 撮影地:キュー王立植物園
葡名
漢名 大百合、心葉百合
植物分類 ユリ科ウバユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地 ヒマラヤ地方(チベット・ミャンマー・中国・ブータン・アッサム地方・シッキム地方)
花言葉
解説 ヒマラヤウバユリはユリ科の多年草である。草丈は1.5~4m程度となる。葉は長さ45㎝程度の広卵形で、表面には光沢がある。葉は、茎上方に行くに連れ小型となって行く。5~6月頃、茎上部に総状花序を出し、長さ15~20㎝程度の筒状花で、花弁内側に栗色~赤色の条線が入る花を数個つける。本種は、大型の球根植物で、1回結実のため、1度開花するとその球根からは開花しなくなる。繁殖は、脇の球根を育てるか、結実した種子を播種するというが、開花までには数年を要すると言う。開花時には強い芳香を放つ。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考