←トップ頁へ

検索名 ヒマラヤソバ
和名 シャクチリソバ
漢字表記 赤地利蕎麦
別名・異名 ヒマラヤソバ
古名
語源 和名は、漢名「赤地利」の音読みから。/属名は、ギリシャ神話のfagus(=ブナ)とpyros(小麦、穀物)の合成語で、3稜を持つ果実がブナの実に似ていることから。/種小名はギリシャ語のdi(=二、二倍)とbotrys(=総序の、ブドウ状の)の合成語から。
学名 Fagopyrum dibotrys 
英名 Perennial buckwheat,
Tall Buckwheat
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 金蕎、金蕎麥
植物分類 タデ科ソバ属
園芸分類 多年生草本
用途 薬用 撮影者:東京都 中村利治様
原産地 ヒマラヤ地方(インド北部~中国) 東京都:日比谷公園にて
花言葉 喜びも悲しみも共に
解説 シャクチリソバは、タデ科の多年草である。茎は根茎より束生し、草丈は50~100㎝程度に。茎には無毛で色は赤味を帯び、中空である。葉は長い葉柄を持ち、茎に互生する。葉は生産各期に近く、葉先は鋭頭となる。葉の下面では脈上に短毛が映える。9月頃、茎上部の葉腋から長い花枝を出し、枝先に2~4個の短い穂状花序を出し、白色の小花をつける。花は経5㎜前後程度で花被片は5裂する。
履歴 昭和の初め頃小石川植物園に導入され、薬用またはソバ粉の原料として栽培が始まったが、今では路傍や荒れ地等に野生化の状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考